顧問契約時の注意点

登記などの手続きを会社設立時に行わなければなりませんが、どうしても税理士に頼るシチュエーションも出てきます。そこで会社設立で依頼をしていく時の費用をチェックすると、設立登記に関する手続きでは、税理士が自分自身行ってはいけません。司法書士に依頼して対応してもらうので、会社設立における手続きの費用が変化してしまうこともあります。

定款認証においては、近年電子化されたデータによって認証させていく手続きも可能となっています。単に紙へ出力していく時に必要となっていくのが、印紙代となります。しかし電子化されたデータであれば、必要経費である印紙代も必要がありません。電子証明であったり、専用のソフトウェアを利用しなければなりませんが、税理士に知識があるかが重要となります。専門的な観点で手続きを進めてもらうように依頼をしていき、手数料を抑えられればコストを削減することができます。

税理士に依頼していくと、会社設立に関する費用を安くさせることができるので、あらかじめ税理士に相談をしてもいいでしょう。手続きに必要な費用をチェックすると、顧問契約で依頼すると安くなっていくケースもあります。税務関連の相談を行いつつ、顧問契約を一緒に結んでしまってもいいでしょう。

関連HP>>会社設立支援・税務顧問に強い税理士ならアディーレ