会社設立のコスト

会社設立について節税を検討する際に、しっかりと税金に関してレクチャーしてくれる税理士が基本的に必要です。しかし税理士が節税に関して積極的になっているかどうか、相談をしながら判断しなければなりません。大半の税理士が節税に対して消極的ということを把握してから、会社設立から相談をしていかなければなりません。

税理士が担当する仕事の対象外として、節税対応があります。法律上で適切に行わなければならないのは納税であり、その件でサポートしてくれるのが税理士です。その役割を考えながら、節税の範囲を検討しながら決めていくこともあります。会社設立時にサービス内容などを把握していくことが重要ですが、古い体質の税理士ならば納税を積極的に勧めてきます。しかしサービス業として作業を行う税理士ならば、顧客サービスの一貫で節税のアドバイスをもらうことができます。

節税で明確な内容をしっかりと教えてくれるかどうか、会社設立で決めなければ致命的になってしまうこともあります。そこでベストな税理士を見極めていくために、節税ができる方法の中で業種においてベストな方法があるか理解しているかどうかです。返答が漠然としている時には、ベストな税理士ではありません。

役員として会社設立を行う際には、給与面なども気にしなければなりません。そこで報酬について、明確にシミュレーションを行ってくれるかも重要です。税金として考えなければならないポイントとなるので、最適な配分ができる税理士を見つける必要があります。

税理士に会社設立を相談しよう